ホーム,集ネット,トップページ
ショッピング,ネットショッピング,骨董販売
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董舎,群馬県,前橋市,骨董店,煥乎堂
骨董買取,骨董買います,高価買取
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
出版物
骨董豆知識,骨董情報,骨董について
facebook,集出版社,煥乎堂骨董舎
集出版社ブログ,集出版社活動
全国骨董店,検索,店舗情報
骨董リンク,骨董店リンク
集バックナンバー,古美術名品『集』
12月に新刊「集」39号が発売となりました。注文は「集ネット」「お電話」で承っております。 只今、ブックフェアーを全国の書店さんを始め様々な所で展開しております。詳しくはトップページでご確認下さい。 
編集だより 編集だより

特集の御紹介

江戸時代半ばより始まった日本の箪笥づくり。商人をはじめとする町人文化が花ひらき、木材の供給量が増え、製材技術も進歩した時期に、和箪笥の製造が開始される。さらに江戸時代は海運業が著しく発達し、北前船などの船頭たちは、大きな富を得て、専用の豪華な船箪笥を特注するようになる。今回の特集では、和箪笥誕生の歴史から、階段箪笥など多種多様な種類、船箪笥の歴史と産地、仙台や庄内・米沢、新潟、松本など各地の産地別特徴などを紹介。

江戸時代にはまた商業の発達などにより、重厚な和錠と鍵の製造も始まり、各地に普及した。中でも四国の阿波(徳島)と土佐(高知)や、安芸(広島)、因幡(鳥取)は和錠の四大産地として知られる。今回は、収集歴40年、点数千点を超える山岸賢司氏(群馬県在住)のコレクションの中から、優れたカラクリを誇る阿波錠や、十二支をかたどった形象錠、華やかに装飾した蔵戸の錠前などを紹介する。

高崎市在住の染色家・山崎青樹氏のインタビュー記事。現在84歳の山崎氏は、単一植物による世界初の緑染めの発見や高松塚古墳の壁画に描かれた「女人群像」の衣裳を復元するなど、染色界に偉大な足跡を残している。その業績と作品を紹介。

御注文していただけるかたは
下のボタンをクリックして下さい。


前のページにもどる
Copyright (C) 2014 株式会社集出版社. All Rights Reserved.